マシュマロヴィーナス 成分 副作用

MENU

マシュマロヴィーナスの成分【副作用や安全性は大丈夫?】

 

マシュマロヴィーナス,成分,副作用

 

マシュマロヴィーナスの効果は口コミやブログからどんどん広まり、注目を集めているサプリです。効果が高い分、どんな成分が使われているのか、副作用の心配はないのか、気になる人もいるでしょう。

 

マシュマロヴィーナスの成分と安全性をお伝えします。

 

 

発酵プエラリア

 

女性らしい体系を求める人が、毎日取り続けたい成分のといえば、プエラリアですよね。女性ホルモンの働きをしてくれるので、バストの発達を促す作用があります。ただし、効果のあるだからと言って、たくさん取ればいいと言うわけではありません。

 

質の良いプエラリアを適量取ること。そして続けていくことが、基本です。マシュマロヴィーナスに含まれているプエラリアは質にもしっかりとこだわって作られたもの。高い効果が期待できるだけではなく、安心して飲み続けることができます。

 

マシュマロヴィーナスに配合されているプエラリアは「発酵」したもの。その上、小さな分子になっているので、通常のプエラリアよりも体内に吸収されやすい形になっています。

 

そのために、たくさん取らなくても、しっかりと体に吸収・消化されるので、大きな効き目が期待できます。

 

 

プエラリアを支える3つの成分

 

マシュマロヴィーナスには、他にも様々なうれしい成分がたくさん入っています。プエラリアをサポートするお助け成分を3つ紹介します。

 

チェストツリー、ワイルドヤム、アグアヘです。

 

チェストツリーは、地中海沿岸に生息する植物です。ヨーロッパでは、古くから多くの女性に愛されてきた、女性のためのハーブと言われています。黄体ホルモンの分泌を正常に整え、月経周期の異常などを改善する効果があります。

 

ワイルドヤムは、メキシコ原産のハーブ。根の部分に女性ホルモンを作り出す、ジオスゲニンをたくさん含みます。そのために、バストアップ効果が期待できるので、最近注目を集めています。

 

チェストツリーは中央アジアが原産で、熱帯や亜熱帯に自生している植物です。アフリカでも2000年も前から、薬草として重宝されています。アスコルビン酸や植物性エストロゲンを豊富に含有しています。

 

これだけ、女性にうれしい成分が入っているので、マシュマロガールになれるのが納得ですよね。

 

 

「王道」の美容成分も配合

 

マシュマロヴィーナスの人気と効果の秘密は、女性ホルモンへの働きが高いだけではありません。女性が望む、美しさをサポートする成分もしっかり配合されています。

 

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンが、肌に潤いを与えるために、プルプルの素肌に生まれ変わっていきます。

 

美肌を作る自然成分も、たっぷり入っています。アサイー、ざくろ、マキベリー、メロンプラセンタ、白キクラゲのパワーも濃縮。自然性分からのミネラルやビタミンが、体の中から美しさを作り出します。

 

女性が望む美しさを、様々な角度からしっかりとサポートしてくれるマシュマロヴィーナスを継続することで、多くの女性にうれしい変化が表れます。

 

たくさんの効果が実感できるので、逆に副作用の心配をする人もいるでしょう。マシュマロヴィーナスは薬ではないので、副作用の心配はありません。ただ、1日の使用目安を守ること、体調に急激な変化が表れた時には、一次休止をするなどの対応を取ることを心がけて、マシュマロボディを目指しましょう。